マープナチュレの寿命は?増毛氏手も直ぐに駄目になるのでは?

 

マープナチュレの質問などを見ていると、多いのが「抜けやすくなる」とか、「すぐに駄目になる」といった質問です。実際にはどのくらい寿命があるのでしょうか?この事を考えるときに大前提として、マープナチュレの仕組みを知っておく必要があります。

 

マープナチュレはアートネイチャーのマープという独自の増毛技術によって髪を増やす方法です。具体的には自毛に極細の人工毛を結びつけて増やしていく方法となります。そのため、マープナチュレの寿命はどのくらいなのかと考えた時に、通常の髪の毛がどのくらい持つのかということとほぼ同じ事だと言えます。

 

正常なヘアサイクルを辿っている髪の毛であれば、2年〜6年くらいで抜け落ちると言われます。薄毛の人は、このヘアサイクルが正常に辿れなくなっている状態で、期間がもっと短くなっています。だとすると、1年程度で抜け落ちている髪の毛も多いという推測が立てられ、マープナチュレの寿命も1年程度なのではないかと推測が立てられます。

 

ですが実際には、定期的なメンテナンスを行なうためもっと長期間の維持が可能となります。もちろん、急激に薄毛が進行して結びつける土台の自毛がなくなれば同時にマープナチュレの使用も不可能となるでしょう。そうなれば全頭カツラにするか、薄毛をドロップアウトしてスキンヘッドにするか、そういった選択子が出てくるでしょう。

 

だらだらと推測ばかりを書いてきましたが、つまるところマープナチュレの寿命は個人差があり、一概には言えないということです。私のように軽い生え際の後退程度であれば、残っている自毛もまだ元気ですし、メンテナンスをすれば数年、数十年は寿命を維持する事が出来るのではないかと思っています。


このページの先頭へ戻る